最高の婚約指輪をみつけるためのジュエリーブランドランキング

HOME » 貴女だけのエンゲージリングと出会うために » 指をキレイに見せるデザイン選びのコツ

指をキレイに見せるデザイン選びのコツ

あなたの手をより美しく見せてくれるエンゲージリングのデザインをご紹介します。手や指のタイプによって、相性の良い形があるんですよ。

お悩み別!ぴったり馴染むエンゲージリングデザインはコレ

憧れのエンゲージリング!絶対に理想のものがほしい!と考えている人も少なくないかと思います。でも、その理想の指輪、本当にあなたに合っていますか?

…という言い方をすると、失礼かもしれませんが、やはりココは重要な部分。人それぞれ、手の大きさや形、指の長さや太さは異なります。写真でキレイな手をした人が付けていたものを、いざ自分でつけるとアレ?ということもよくありますよね。

難しい話ではなく、ちょっとしたポイントを気にするだけで、あなたの手にぴったりなエンゲージリングは見つかるものです。そんなコツをここではご紹介していきます。

指が太い

細いアームはNG!太目のアームでガッチリした印象の指輪がピッタリ。

ラインに動きのあるもの(ウェーブしているものなど)も指を細く見せる効果ありです。

指が細い

細いならどんなのでもいいのでは?と考えがちですが、意外と指輪選びは難しいのです。

細い指に細いアームのものを着けると頼りなく見えますし、ガッチリ目の指輪には指が負けてしまいます。アームはある程度幅のあるものを選び、細かい宝石がちりばめられているような上品なものを選ぶと◎です!

骨ばってガッチリに見える手

関節が太いと、本当は細いのにゴツゴツしたガッチリ目の手に見えてしまいます。

このタイプの手には、繊細なものもボリュームのあるものも向きません。むしろ両方を兼ね備えたような変化のあるものがオススメ

アームは太目でも細かい宝石が敷き詰められていて真ん中に高さはあまりない大き目の宝石のついているものや、細めでも動きのあるアームに高さのある大粒の宝石をのせたものなどです。

大きい手

指が長かったり、全体的に大きい手はあまり指輪を選びません。どんな指輪もしっくりくるのです。

特に、大きい手にゴージャスな(アームが太く宝石も大きい)タイプのものをつけると非常に美しく見えます。細い繊細なタイプがお好みであれば、手持ちの指輪や結婚指輪と組み合わせるとさらに素敵になります。

小さい手

指が短かったり、小さい手は指輪負けしてしまうことが多々あります。

できるだけアームに動きのある(ウェーブなど)ものを選ぶと、指が長く見え、しっくりきます。V字やU字の形のものは、曲がっている部分が、指の根本をより下に見せてくれ、指長効果が望めます。

子供のような手

ぽっちゃり体型ですと、指もポチャポチャしています。

とても可愛らしいのですが、細いアームの繊細な指輪を選んでしまいますと、何かが食い込んでいるような印象になりがちです。

できるだけ存在感のある太目のアームに宝石がちりばめられているデザインが合っているかと思います。全体的に動きのあるものもオススメ。

水かきが気になる手

水かきが気になっている人が、指輪で指を綺麗に見せたいと思うのであれば、動きのあるアームのものを選ぶべきです。より指が長く見え、美しくお似合いの指輪となります。

筋張った手

筋を目立たせたくないと思うのであれば、小さな宝石が散らばった、動かす度にキラキラするタイプのものが相性抜群です。筋を気にならなくさせてくれます。

色白の手

ダイヤモンドがオススメ。透明感があるので肌がよりキレイに見えます。また、アームの素材はプラチナがやはり白に映えます。

色黒の手

ゴールドが合うのがこのタイプの手。肌に馴染んでしっくりきます。また、色味のある宝石もとても相性が良いので、誕生石を取り入れると良いかと思います。

 

人それぞれ顔が違うように、実は手や指も同じではありません。服でもバッグでも、そして指輪でも、それ自体がどんなに可愛くても自分に似合ってなければ悲しいもの。特に一生モノのエンゲージリングは、ベストマッチングできる最高の一品を見つけていただく参考になれば幸いです。

取り揃えデザインが豊富な婚約指輪ブランドBEST3